fc2ブログ
topimage

2024-03

久々の畑仕事 - 2020.05.06 Wed

日曜市も、自粛が続いております。
仕方がないので、工場の横の荒れ地を耕しました。
畑 2020-5-6-1
「オクラ」や「ししとう」
植えました。
畑 2020-5-6-2
なんという連休なんでしょうね。

今週も、日曜市はお休みを頂ます。
もう少し、おとなしくしておりますが、
とりあえず元気です。
スポンサーサイト



青柚子の収穫 - 2017.08.12 Sat

台風一過で、厳しい暑さが続いております。
田舎では特に被害もなく、畑でのびのびになった「胡麻」も、
のびのびのまま立っておりました。
今日はバジルを収穫。
田野 2017-8-10-1
すべて引き抜いて、乾燥させます。
何はともあれ、炎天下。
思うように作業が進みません。
あまり丁寧な仕事が出来ませんでしたが、大量のバジルを収穫。
ちょいつま(トマトソース味)や、まだ未定ですがハーブソルトに使用することになります。
唐辛子も、少しずつ収穫しております。
柚子胡椒やタバスコの仕込み、乾燥させるなど、
いくらあっても足りるものではありません。

今日の本題は、青柚子の収穫です。
先週、少し採りたかったのですが、
あまりにも雑草が伸び放題だったので断念。
今日は草刈が主な仕事です。
田野 2017-8-10-2
とは言え、ほとんど父がやってくれました。
身体にこたえる暑さ・・。
気の毒というより他ありません。

柚子玉は、少し小さいように思いますが・・・。
田野 2017-8-10-3
まだ大きくなるのか、今年はこんなものなのか?。
ちょっと数も少ないような気もします。
田野 2017-8-10-4
綺麗になった、柚子畑。
これであとは、冬の収穫を待つばかり。
田野 2017-8-10-5
青柚子の、驚くほどの清涼感に満ちた香りが、
ほんの少しだけ、暑さを和らげてくれます。

ほぼ休みの畑 - 2017.08.04 Fri

田舎の畑は、ほぼ休みの状態です。
暑さが厳しいので、農作業は控えているのです。
暖かくなって、野菜たちがどんどん育つ様は、
本当に楽しいもんですが、ここまで暑くなると、
野菜の方もたまらずに腐ってしまいます。
まぁ、リスクだけの高い農作業は、お休みするべき季節なのでございます。

それでも、曇りのお天気の日には、雑草を取るなどの作業をちょこちょこと。
そうしないと、本当の荒野になってしまいますので。
田野 2017-8-3-1
収穫するものが、ないわけではありません。
今年は少し早目に作付をした、「鷹の爪」。
順調に、収穫がはじまっております。
それから今年、気合を入れて植えた胡麻。
田野 2017-8-3-2
後のことを考えると、ぞっとしますけど、
よく育っております。
接近する台風が、やや気掛かりですけども・・。

そして初めての試みで、落花生が植えられております。
田野 2017-8-3-3
黄色い花が咲くと、その脇からツルがのびて地面にもぐります。
そこにラッカセイがつくというわけ。
私は初めてそういう生態を知ったので、びっくりしました。
何というか、植物の自己防衛本能的な生涯に、驚かされます。
収穫、楽しみですね。

大切な収入源になっている「生姜」も、順調のようです。
田野 2017-8-3-4
とにかく、台風などの災害をやり過ごして欲しいと願うばかり。

ついでに、河原の柚子畑に寄りました。
手入れする人がおらず、荒れ気味です。
そう言えば昨年は、青柚子の収穫にワクワクしたのに・・・。
いよいよ、自分で管理していかなければ、と、
心に誓った次第です。
田野 2017-8-3-5
ここの手入れに、また近々、帰ります。

バジルの収穫 - 2017.07.01 Sat

久々の、田舎の畑は、雨です。
田野 2017-6-29-1
雨であれ日照りであれ、やらねばならないことは、やらねばなりません。
それが、農業です。
身体を壊しては何にもなりませんが、
少しずつでも作業を進めないと、農作物や雑草は待ってくれません。

今日はバジルの収穫が目的です。
少しでも病気や害虫を防ぐために厳重に隔離された、
トマトのミニビニールハウス内に、バジルが植えられております。
田野 2017-6-29-3
コンパニオンプランツ、というらしいです。
田野 2017-6-29-2
本格的な収穫を迎えるトマト。
甘くて、みずみずしい、昔ながらのトマトです。

先週の風雨で、バジルをずらりと植えた場所はご覧の通り。
田野 2017-6-29-4
倒れて折れてしまって、すでに収穫を終えてしまっております。
もうちょっと、追加で植えておく必要がありそうですね。

少量ですが、バジルの収穫は無事に終了。

唐辛子も、順調に育っております。
田野 2017-6-29-5
また、害虫との戦いが始まる時期。
秋の収穫時期まで、どれだけの唐辛子が生き残ることでしょう。
「柚子こしょう」や「七味唐辛子」の、大切な原料です。

無農薬栽培の生姜も、待っているお客さんがたくさんいらっしゃいます。
田野 2017-6-29-6
去年よりもずっと、手入れが出来ております。
生育も順調そのもの。
極端な豪雨や日照りや・・、そういうのだけは勘弁願いたいものです。

持ち帰ったバジルは、毎年恒例の「ハーブビネガー」に。
田野 2017-6-29-7
バジルとローズマリーと、ビネガーの爽やかな香りが、
ジメジメとした梅雨の空気を浄化しているかのようです。
今年はハーブソルトの販売が出来ずに残念ですが、
バジルは乾燥させて保存します。
そしていよいよあの商品の新作に、投入します。

変わらない自然に触れる その弐 - 2016.08.18 Thu

この夏は、わりと田舎に帰る機会が多くあります。
暑ささえやわらいでくれれば、もっと畑仕事もはかどるんですが・・。
まぁ、ガソリン代が出るくらいの仕事はしないといけません。

今回はこの、唐辛子の収穫が目的です。
田野 2016-8-18-3
アブラムシがかなりついてきて困っております。
が、なかなかたくさん収穫できました。
田野 2016-8-18-4
たくさん収穫したということは、たくさん処理しないといけないということです。
私が収穫したものはすべて、「タバスコ」や「柚子こしょう」に使います。
自分で収穫して、自分で加工して、自分で売って・・。
さぞかし楽しかろうと思われるかもしれませんが、
なかなか骨の折れることなのです。
炎天下での収穫も、
もっとも厄介な原料処理も、
他所にない商品作りも、
好きでなければ出来るもんではありません。
労力の割に、たいした儲けもないのが本当のところですし・・。
ま、好きでやってますから。

畑の風景から一転。
河原の柚子畑は、川風が涼しく、心地よい場所です。
田舎に帰った時には必ず立ち寄る、お気に入りの場所。
ご覧の通り、まだ収穫には早いのですが、
田野 2016-8-18-1
この「青柚子」も、皮の風味が良く、貴重なものです。
柚子玉としては未熟のものですので、
 「もったいないな・・」という思いが、頭から離れません。
収穫はかなりセーブして、詰んだ実を間引く程度に。

作業の手を止めて、お天気の良い、青い空を見上げます。
田野 2016-8-18-2
お盆も過ぎて、田舎の涼しい風には秋の気配。
何も変わりない、平凡な自然の風景です。
この一瞬が実は、「青柚子」と同じくらい貴重なものなのです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

【全国発送します!】 

商品一部抜粋のパンフレットです。
県内外への発送もしております。
右ページの記事内の「ご注文はこちら」をクリックして下さい。


plugin by T.Codd

画像クリックで詳細が見られます。

プロフィール

蜂蜜フレーバー

Author:蜂蜜フレーバー
高知県高知市出身。
高知県東部で採取した蜂蜜を使い、様々な加工品の開発に挑戦し続ける。

お問い合わせ

当店で販売しております商品は、全国発送も可能です。商品価格、お支払い・発送方法など、お気軽にご連絡下さい。

※迷惑メールフィルター等のドメイン指定などをおこなっている場合、お問い合わせへの返信メールが届かない場合がございます。(@nifty.com)が受信できるよう指定を解除してください。

最新記事

カテゴリ

日曜市 (573)
蜂蜜採取 (7)
蜂蜜加工品開発 (15)
漬けもん (37)
ハーブ (11)
干物 (7)
手作り麹 (7)
その他加工品 (47)
川の収穫 (6)
山の収穫 (22)
畑の収穫 (33)
趣味の栽培 (12)
日曜市の風景 (4)
あまりモノ料理 (12)
その他 (28)
通販 (2)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する